すみません、検索キーワードは暇にならないか十個文字
当所がグローバル知的財産権サービス・スマート・プラットフォームを発表した
時間: 2018-09-26

2018年9月13日に、当所はシンセンSunshine Hotelで「康信サービスプラットフォーム(service.kangxin.com)」発表会を開いた。会議にて、知的財産権業界の専門家、当所パートナー及びメディアが人工知能の知的財産権業界における応用について検討した。


当所執行パートナーの余剛氏が発表会で講演を行い、A(AI人工知能)、B(Blockchain)、C(Cloud computing)及びD(Data ビッグデータ)等を紹介した。

AI平台1.png

当所提携先の大為コンピュータソフトウェア開発有限公司の取締役の藩暁梅氏より祝詞を送り頂き、また「AI時代における知的財産権サービス革新」をテーマとして、「AI時代におけるIPサービスのチャンスとチャレンジ」及び「3I(IP+IT+AI)融合」に関わる自らの考え方を紹介した。

AI平台2.jpg

ホログラムで3Iを表示する

ホログラム技術で知的財産権と3D技術との完璧な組合せを表示し、現場において観衆に新たな視聴覚体験を与えた。


康信サービスプラットフォームとIPR

AI平台3.png

康信サービスプラットフォーム(eService Platform)は、当所の知的財産権業界における24年間の実践経験、専門レベルの高い知的財産権専門家チーム、及びグローバル知的財産権保護ルートに基づき、インターネット技術、グローバル商標特許ビッグデータ、及びAI人工知能技術を十分に利用し、3Iの融合(IP+IT+AI)を実現したと共に、クライアントに更に高品質で、効率的且つ便利的な知的財産権サービスを提供している。


現在、康信サービスプラットフォームはAIスマート商標調査、グローバル商標登録、商標ウォッチング、商標更新、注文管理、案件の全フロー管理及び特許年費納入等のワンスドップ式サービスを提供することができる。将来、特許検索、特許フロー管理、関連業務指導及び研修等の知的財産権管理ブロックも追加する。

AI平台4.pngAI平台5.png

藍灯魚(LANTERNFISH)がAI+IPの魅力を説明した

藍灯魚智能科技有限公司CEOの張暁泉教授はAI技術の知的財産権における応用の最新進捗を紹介し、藍灯魚商標調査スマート・プラットフォーム及び特許検索スマート・プラットフォームを説明した。

AI平台6.jpg

藍灯魚商標調査スマート・プラットフォームは、図形コード又は図形外部輪郭による商標調査方法を放棄し、最新の機械学習アルゴリズムとモデルで商標画像の特徴を速やかに学習し、そして商標分野の専門知識と結びつけることにより、精確に図形主体にフォーカスすることができる。また、図形商標と商標ビッグデータに対してスマート分析を行うことにより、商標調査の更なる知能化、製品の更なる専門化、またユーザの需要を更に満足できることを実現した。

AI平台7.jpg

藍灯魚特許調査スマート・プラットフォームは、人工知能分野における最先端の三大技術の深層学習(Deep Learning)、自然言語処理(Natural Language Processing)及び知識グラフ(Knowledge Graph)を利用し、サーチャの作業を最大限に軽減すると共に、機械が特許に関わる技術特徴及び隠れた価値を更に知能的に理解できることを実現する。

AI平台8.png

IP+IT+AIが参加者に新たな体験を与えた

当所と藍灯魚社の知的財産権専門家は、現場で本プラットフォームを試用する参加者たちにプラットフォームの各機能及びAI技術の知的財産権分野における応用の最新進捗を詳しく説明した。プラットフォームの「AIスマート商標調査」、「グローバル商標登録」、及び「全フロー管理、ワンストップ式サービス」等の特徴が参加者たちに注目された。

返回顶部图标