すみません、検索キーワードは暇にならないか十個文字
国家機構改革が知的財産権業界に与える影響について
時間: 2018-04-16

国家市場監督管理総局が3月21日に設立され、元国家工商行政管理総局局長の張茅氏が国家市場監督管理総局局長に就任した。


近日に発表された『党と国家機構改革を深める方案』により、国務院機構改革部分において国家工商行政管理総局、国家品質監督検査検疫総局、国家食品薬品監督管理総局を取り消し、国家工商行政管理総局の職責、国家品質監督検査検疫総局の職責、国家食品薬品監督管理総局の職責、国家発展と改革委員会の価格監督検査及び独占禁止の執法職責、商務部の経営者集中独占禁止執法及び国務院の独占禁止委員会弁公室などの職責を整合し、国務院に直属する機構として国家市場監督管理総局を新しく設立することを記載した。


国家市場監督管理総局の主要な職責は、市場の総合監督管理、市場主体の統一登記及び情報開示・共有規制の制定、市場監督管理の総合執法の指導、独占禁止に関する統一執法の担当、市場秩序の保護、品質強国戦略の実施、工業製品品質安全、食品安全、特種設備安全の監督管理、計量基準の統一管理、検査測定、認証認可等である。


また、『方案』によると、商標、専利がそれぞれ管理され、重複に執法される問題を解決するために、知的財産権管理体制を改善し、国家知識産権局の職責、国家工商行政管理総局の商標管理職責、国家品質監督検査検疫総局の原産地地理標識管理職責を整合して改めて国家知識産権局を設立し、国家市場監督管理総局より管理するようになった。


国家知識産権局の主要な職責は、知的財産権保護、知的財産権保護体系の建築、商標、専利、原産地地理標識の登録登記及び行政裁定、商標、専利執法の指導等である。なお、商標、専利の執法職責が市場監督管理総局に移行された。


機構改革の方案と思考が今後中国の知的財産権保護体制に重大な影響を与え、また、知的財産権業界もそれに対応して調整されると思われる。総じていれば、今回の改革の知的財産権業界への影響が以下四点である。


市場規範作用を強化し公平で整然とした市場環境を建築する


国家市場監督管理総局を設立する目的から見ると、市場総合監督管理の強化、市場秩序の保護と規範化がその主要な職責である。国家市場監督管理総局にとって、行政管理の一つとして知的財産権管理も市場監督管理の職責に含まれるべきである。したがって、今後の知的財産権行政管理において市場秩序の保護と規範化がより重視されるようになる。市場主体が如何に知的財産権で自分自身の権益を保護するかということを検討することが今後の主要な課題になる。即ち、市場主体が合理的に知的財産権で権利を保護する行為を支持するとともに、市場主体が知的財産権を濫用し不正競争を行うことも防止するべきである。また、知的財産権と独占禁止との関係に重視しなければならない。市場競争の視点から知的財産権に合理的な位置づけを与え、市場秩序を保護して規範化することにより、「誠実信用、公平競争」の市場環境を建築し、知的財産権運用の正確で合理的な境目を確立する。


知的財産権行政管理を統一・整合し、行政作業の効率を向上させる


今回機構改革のキーワードは統一と効率的である。知的財産権について、専利、商標及び原産地地位標識などの行政管理を統一して新たな国家知識産権局より担当することは、知的財産権保護体系の建築を推進することができると思われる。行政機構の視点から見ると、知的財産権が単一化から全局化になり、行政部門が分割或は局部ではなく全体的に知的財産権問題を考慮するようになると思われる。


より効率的に行政管理を行うために、専利、商標及び地理標識の行政管理の基準と制度を統一する。例えば、出願、登録制度において、更に作業基準(出願の管理、書類とフローに対する要求等)を規範化して改善すると思われる。


知的財産権行政執法の統一化


行政執法の統一がもたらす変化が下記の三点である。(一)執法の規範化、執法基準と手続の統一が申立人に更に便利性を与えられる。(二)異なる権利、例えば、商標と専利或は商標と品質検査において連合執法を行い、執法力度を強化することができる。また、情報の共有が市場主体の誠実信用規制の建築、権利侵害者の打撃及び市場の規範化に寄与する。(三)地方市場監督管理総合執法役員の数が減られるようになるため、基層執法役員の数量と専門レベルが限られることよりもたらす問題を解決するよう、専利行政執法において意匠或は比較的に簡単な実用新案を重点的に処理する可能性がある。


関連する知的財産権法律、法規の調整


今回の機構改革に伴い、異なる法律法規も改正されるようになる思われる。なぜなら、以前、異なる部門の執法に関わるそれぞれの条文が大きく異なり、また執法力度と要求も異なっていた。例えば、独占禁止法の執法。また、『専利法』の改正が既に今年の国務院の立法計画に入れられたので、年末までに専利法改正内容が公布されるかと思われる。


新たに国家市場監督管理総局が設立されると、元の法律条文に関わる異なる部門の文書が修正されるようになると思われる。将来、国家が市場監督管理を強化することに伴い、元のフロー監督・管理部門規定等も更に改正・整合されるようになると思われる。


返回顶部图标