すみません、検索キーワードは暇にならないか十個文字
ウェアラブルコンピュータGoogle Glassの特許戦略と分析
時間: 2014-05-15 李慧 賈旭 アクセス数:

 2014年4月15日、Google Glassの一般者向け商品がアメリカで正式に発売された。ハイテクで新しい体験ができるGoogle Glassは誕生以来人々の注目を受け、特にハイテク商品に熱中する人々はGoogle Glassに高いに関心を持っている。Google Glassは非常にスマートで、例えば少し頭を振っただけでインタネットにつながったり、ウインクをするだけで写真撮影ができるようになっている。情報の獲得、享有と交流は従来のヒューマンコンピュータインタラクション方式を転覆させるほど、一つの言葉、頭を立てに振り、ウインクするだけで完成される。Google Glassはウェアラブルコンピュータの時代の到来が予感させる。

 Google Glassにはどのようなハイテク技術が盛り込まれているか、特許ポートフォリオはどうようになっているのか?
以下は北京康信華源リサーチ&インスティチュート社が特許分析の視点でGoogle Glassの特許出願について研究し、Google社の特許出願戦略を理解することにした。

一、特許出願の時間経過分析

 図1はGoogle Glassの特許ファミリーの年度出願の推移である。1998年からGoogleは最初のコンセプト特許出願を開始した。Google Glassの本格的な商品化は2010年からであるが、2011年から特許出願件数が大幅に増え、関連技術の研究速度が大幅にあがり、2012年にエクスプローラーエディションが発売された。その後、Google Glassの技術イノベーションは続いており、図1で2012年から2013年までの大量の出願があることが読み取れる。(2013年の特許出願はまだ全部公開されていない。)

 src=

図2 Google Glass関連特許の地域分布図

三、Google Glassの技術分布

 Google Glassは多くの機能はスマートフォンに似ている。例えばWIFIでインタネットに繋がる、撮影、テレビ電話などの機能がついてる。しかし、Google Glassとスマートフォンとの最大の違いは、スマートフォンの多くの操作は手に頼るものであるが、Google Glassの多くの操作は手の以外のものでコントロールすることである。また、スマートフォンと比べて、Google Glassの自動識別などのスマート機能はより優れていることである。図3のように、Google Glassのコア技術はすでに特許出願されている。

<img width="562" height="273" alt=" src="http://www.kangxin.com/upload/image/1401801789.jpg" />

図3 Google Glassコア技術の分布図

(一)音声技術
 最近発売されたGoogle Glassは音声入力ができる。例えば、「OK,Glass」というと音声入力機能が起動され、撮影、テレビ電話、通話などができるようになっている。前述の例の技術は既にUS20130124204で保護されている。音声技術はGoogle Glassの魅力を大幅に増やし、例えば、「OK,Glass take picture」というとGoogle Glassは撮影機能を起動し、瞬時に撮影ができるようになってる。また、情報を見るとき、音声測定技術で操作することもできる。(US20130018659A1)

(二)タッチ技術
 Google Glassのフレームにはセンサーがあり、ユーザーはフレームをなぞることで対応のコントロール操作ができる。センサーはなぞる方向を読み取り、Google Glassをコントロールすることができる。この関連特許はすでに中国で出願されている。(US20120299870A1)

(三)ジェスチャー識別技術
 ジェスチャー識別機能は将来のGoogle Glassで可能となる操作方法である(US8179604B1)。例えば、以前煩雑な情報シェアの操作は、今後簡単にできるようになり、例えば手でハートの形を作れば、ユーザーが閲覧している文書、映像などをシェアできるようになってる(US8558759B1)。撮影の場合、例えば両手でL形を作れば撮影が行われる(WO2013012603A3)。

(四)眼球追跡技術
 眼球の動きを追跡することで、ユーザーの注目点を理解し、ユーザーが注目する対象をディスプレイに現像する(WO2013066634A1)。同時に眼球のの動きの追跡を通じてGoogle Glassとサーバーがつながり、ユーザーが外部環境で注目する対象のデータが作成蓄積される。(US20120290401A1)

(五)眼球姿勢コントロール技術
 眼球姿勢コントロール技術は非常にハイテクな操作方式である。Google Glassはすでに眼球動作キャッチ技術と眼球姿勢コントロールに関する技術の特許を登録している。(US20120290401A1)ユーザーがウインクするだけで、撮影、データアップ、メッセージの受発信、天気の状況を調べる操作ができる。

(六)分析対象識別技術
 視線焦点の分析を通じて分析を行い、自動的に視野内にある分析対象をキャッチする。(US20120287123A1)分析対象のキャッチは非常に重要であり、サーバーで分析対象の関連情報を引き出すことができる。Google Glassを装着後、映るのは目で見るだけではなく、ユーザーが知りたいすべての情報が自動分析され、サーバーととつながり、注目する対象の情報が目の前に現れる。

(七)骨伝導技術
 音声の伝導に骨伝導技術を加え、音声信号を送る(WO2014035622A1)。この技術はすでに初代Google Glassに使用されている。

四、Google Glassの機能と快適化

(一)ユーザー体験を最適化した機能
 Google Glassには多くの快適化された設計がある。例えばディスプレイ位置の最適化は(EP1027626A1)、ユーザーの視野が最適になれるように設置し、設備の位置も製品重量のバランスが保たれるように配列した(US8593795B1)。さらに、ユーザーと物体との距離探知システムがあり、距離が近すぎると自動的に警告を発し、ぶつかるのを防げる(US20130335301A1)。このような修正はGoogle Glassが技術を利用し、ユーザーの便利を図ることである。

(二)情報安全機能
 Google Glass情報安全関連の特許を登録している。例えば情報安全で異常が発生時に、Google Glassが自動にロックされることで、情報安全を保つ(US8223024B1)。

(三)情報交換機能
 いくつのGoogle Glass間でデータ情報の交換が可能であり、(US8184983B1)大幅にユーザー間の情報交換能力を高めている。この機能を利用すると例えば映画監督がGoogle Glassを装着し、直接現場の撮影をすることができる。また、Google Glassを装着し、ファンと交流することもできる。

五、Google Glassの応用

 将来Google Glassには巨大なアプリケーション市場が形成されると予測する。このようなアプリケーションはGoogle Glassユーザーが開発することができる。すでにある特許分布から見ると、以下の分野から抑えたほうがいい。

(一)個人娯楽、仕事
 個人の娯楽、仕事分野から見るとGoogle Glassは基本的にスマートフォンができる各種の機能と任務を遂行することができる。(コンピュータ+GPS+カメラ)

(二)商用
 商用から見ると前述の眼球追跡でデータを集め、注目する対象を研究することでユーザーが広告に対する反応を分析することができるため、広告主の広告改善に手助けすることができる(US20120290401A1)。

(三)個人健康管理
 未来のGoogle Glassは多くの生物センサーが搭載され、ユーザーの体の状況をチックすることで安全管理をすることができる(US8223088B1)。

六、啓示

(一)イノベーション啓示
 Google Glassには大量の最先端技術が搭載され、イノベーション精神とイノベーションの実践の代表として、企業が学ぶべきことが多い。企業は井戸の中の蛙にならない気持ちで、勇気を持って、新しい技術を注目し、イノベーションに追いつき、技術発展の機会をつかむべきである。

特に、Google Glassの応用はどのぐらいの可能性が潜んでいるか誰も知らない。例えば、中国国内の最新のアプリケーションはGoogle Glassを使ってPM2.5を測定することである。さらに多くの可能性があり、例えば医者がGoogle Glassを装着して手術する際、患者のさまざまな診療資料を目の前に現わすことができる。また、工業設計などにも応用が可能である。多くの応用がイノベーションのチャンスがあり、いち早くつかむべきと思う。

(二)特許ポートフォリオの啓示
 Google Glassの特許出願には、Google Glassの初代と二代目に採用された技術のみならず、次世代応用が可能な未熟な技術も予め出願している。つまり、コンセプト特許出願していることである。このような特許出願の考え方は企業が学ぶべきところである。

 また、Google Glassの発展から見ると、さらに知能化とヒューマニゼイション化に向かうであろう。応用の面から見ると、現在Google Glassの特許は商業と個人健康分野に及んでいるが、明確な技術防御をしていない。ほかの企業はこれに基づいてさらにアプリケーションを開発し、特許出願のチャンスをつかんだほうが良いと思われる。
 

{ms:cfield.business/}: {ms:cfield.introduce/}
业务咨询电话: {ms:cfield.hotline/}
-->
主要スタッフ
{ms:team.desc/}
もっと見る
返回顶部图标