「ダブルカーボン」技術に関する特許出願、中国が世界一
時間: 2022-09-19

8月27日、中国科学技術情報院と上海科学院は「ダブルカーボン(二酸化炭素(CO2)排出量ピークアウトとカーボンニュートラル)」関連技術に関する調査報告書を発表した。報告書によると、「ダブルカーボン」に関連する5つの主要な技術分野における中国の特許出願数は世界一で、そのうち、建物統合型太陽光発電(BIPV)に関する特許出願の件数は世界の75%、次世代送電網スマートグリッドに関する特許出願は世界の70%以上を占めている。


報告書で取り上げられた5つの主要技術は、水素エネルギー、炭素回収・利用・貯留(CCUS) 、エネルギー貯蔵、建物統合型太陽光発電、スマートグリッド。報告書は、産業成長の可能性や経済成長に対する推進力などに焦点を合わせ、主要な技術分野の研究開発の現状を分析する形でまとめられている。


出所:中国知識産権資訊網


返回顶部图标