すみません、検索キーワードは暇にならないか十個文字
新型コルナウィルス流行期間における知的財産権「クラウド法廷」について
時間: 2020-02-25

最近、新型コルナウィルス流行期間の対応策として、北京知的財産権法院は「クラウド法廷」を開き、「非接触式」知的財産権訴訟審理を開発しました。

 云法庭1.jpg

なお、北京法院の「クラウド法廷」は、PC、アプレット、及びモバイルのサポートバージョンがある(現在のところ、APPはAndroidのサポートバージョンのみある)。また、北京法院審判情報公式サイト(http://www.bjcourt.gov.cn)にアクセスし、「北京法院オンライン訴訟プラットフォーム」の「オンライン開廷」でクライアントをダウンロードすることができます。法廷審理中、挙証又は証拠に対する尋問の段階で、当事者は証拠をアップロードし、また証拠に対する説明を記載することができます。また、当事者は、法廷審理のメモを見られるし、サインすることもできます。 

このような時期においても、訴訟案件を遅延なくスムーズに取り扱い、クライアント様の権益を確実に守るよう、弊所は、証拠資料の事前準備、「クラウド法廷」の事前インストールとデバッグ、またテレビ会議でのプレビュー、模擬裁判での試行錯誤などの「クラウド法廷」への対応措置を講じました。

返回顶部图标